Hide

光ファイバ Pro-Slide コネクタ

課題

CTI は、ケーブル サポート チームのために、コネクタの機能またはシステムの密度を損ねることなくケーブルの移動や追加、変更を可能にする管理方法の開発を依頼されました。

ソリューション

placeholder

当社チームによって、ロックや取り外しが簡単にできるスライド バーを搭載した光ファイバの LC 一体型デュプレックス コネクタ Pro-Slide™ が開発されました。

ストーリー

パッチ パネルおよびスイッチ機器を製造する複数のメーカーが小さな面積内でポート数を増やした製品を発売したため部品密度が高くなりました。これが、コネクタを損傷せずに適宜移動および追加、変更を行う必要性があるケーブル サポート チームの非常に難しい問題となりました。多くの企業からの支援要請の電話を受け、CTI チームは解決策の開発に着手しました。設計およびプロトタイプ作成から 6 か月後、CTI は Pro-Slide™ コネクタを作成しました。この独自の光ファイバ LC 一体型デュプレックス コネクタには、引っ張るだけでコネクタのロック タブを押しケーブルを痛めずに機器から簡単に外せるトップ スライド バーが付いています。また、設計には、特別の T 型ツールによりスライドを引き戻すことのできる、スライド バー背面にあるスロットも含まれています。保守にかかる時間を短縮し、ケーブル交換の必要性を低減する Pro-Slide コネクタは、多くの CTI のお客様のケーブル アセンブリで不可欠な製品となっています。





フォローする

共有する

Copyright © Methode Electronics.