Hide

ニュース

2009 年 10 月 23 日

Methode Power Solutions Group が PowerBud™ 電源コネクタを発売

Methode Power Solutions Group は、通常の電力コネクタの限界を克服する、特許出願中の革新的な新たな電力コネクタ「PowerBud™」 を発表しました。PowerBud 技術は、コネクタを大きくせずに抵抗と接触力の両方を低下させる、通常の常識を覆す製品です。これまでの大電流コネクタに比べ、挿入に必要な力が減り、温度上昇と電力損失が減少し、サイクル寿命が向上しています。

PowerBud コネクタは、EBC (埋め込み PowerBud) と呼ばれる単接触型でまず発売されます。このコネクタの側面の表面には刻みがあり、バス バーやプリント基板、FusionLugs™ に直接圧入できます。あらゆる平らな表面に取り付け、圧入可能で、特別な工具は不要です。電流定格は、ピンの物理的な大きさと、取り付け媒体のヒート シンク性能により異なります。

ピン サイズおよび定格 9.1mm (300A) および 5.7mm (240A)、3.6mm (160A)、2.4mm (120A) の埋め込み PowerBud コネクタを販売しています。コネクタの電流定格は、取り付け表面のヒート シンク性能により異なります。100A での通常の接触抵抗定格は (9.1mm) 45µΩ、(5.7mm) 50µΩ、(3.6mm) 90µΩ、(2.4mm)125µΩ です。

サンプルをご用意しております。製造のリード タイムは通常 4 週間となっています。価格は、1000 個発注で 5.90 ドルから 6.91 ドルです。

技術の源
PowerBud 技術は、トライボロジーを調べていたマサチューセッツ工科大学 (MIT) の教授と大学院生が最初に開発したもので、摩擦や潤滑、摩耗を含む相対運動で相互に関連する表面についての科学・技術です。研究者は、従来の市販電力コネクタに比べ卓越した品質の、多数のパラレル接点を有するプロトタイプ電力コネクタを開発しました。このコネクタは接触抵抗が極めて少なく、またコネクタの容積を比例して増すことなく極めて低い挿入力を実現しました。

Methode はこの技術を 2008 年に取得し、この画期的なコネクタの製造性の改善に注力しました。それにより誕生したのが、多数のパラレル接点を有する元の設計を進化させ、大量生産に対応可能な機械設計を使用する PowerBud です。

Chip Bronk
電話: 408.453-9500
電子メール: cbronk@methode.com


Methode Power Solutions Group
1750 Junction Ave.
San Jose, CA 95112 USA
電話: 408-453-9500
ファックス: 408-943-6655
電子メール: sales@cablecotech.com
ウェブサイト: www.cablecotech.com


Methode Power Solutions Group は、コンピュータおよびコンピュータ周辺機器、オフィス自動化、計器、通信、医療、工業、軍事用の高電流配電向けに設計されたケーブルおよび相互接続、カスタム品の主要メーカーです。カスタム ソリューション機能に加え、Methode はハイテク業界に、極めて柔軟性に富んだ PowerFlex™ ケーブルや、撚り線ワイヤ ケーブル終端用のねじ山のある回転式ネジである Power SwivelNut™、コスト効率に優れた PowerPath™ 配電ケーブル システム、プラグ接続可能なレール配電システムである PowerRail™ を含む広範な製品を提供しています。Methode Power Solutions Group は、カリフォルニア州サン ノゼに設計、製造施設を有し、テキサス州ダラスから出荷を行っています。

Methode Electronics, Inc., (NASDAQ:METH) (NYSE: MEI) は、電気機械機器の設計および製造を全世界で行っており、製造および設計、試験施設を米国およびマルタ、メキシコ、英国、ドイツ、中国、シンガポールに有しています。センサーや相互接続、制御機器を通じ信号を制御、伝送する電気および電子、無線、検出、光学技術を使用する装置の設計および製造、マーケティングを行っています。当社の業務は部門ごとに管理され、部門としては自動車や相互接続、電力製品などがあります。当社の部品は、自動車およびコンピュータ、情報処理、ネットワーク機器、ボイスおよびデータ通信システム、家庭用電子機器、電気製品、航空機・宇宙船、防衛、産業機器業界の主要な最終市場で使用されています。詳細については、Methode のウェブサイト www.methode.com をご覧ください。





Copyright © Methode Electronics.