Hide
Methode で広がる
センサー ソリューションの可能性

Methode は、電気機械、磁気、電界効果、光学、生体認証技術を含む、最も厳しい要件に対応するエンジニアリング センサー ソリューションのパイオニアです。当社の幅広い製品ラインは、ライフ サイエンスや医療機器、過酷な環境用の制御装置、安全性が不可欠な X-by-wire センサーなどの広範な用途に対応しています。当社では、様々な産業向けに認定を受けている 3 大陸での効率的な垂直統合製造行うことでこれらのソリューションを全世界の市場に提供しています。

当社はお客様のニーズに耳を傾け、適切な技術を応用し、業界で実証されたカスタマイズされたソリューションを提供します。

技術および能力

磁気弾性磁気弾性技術では、正確で信頼性に優れた磁気プロファイルの非接触検出ならびに磁束密度の低い磁場の測定が行えます。
磁気弾性センサー技術についてのビデオを再生する

電界効果非接触式の電界効果検出技術では、流体、固体、ヒト組織などの高誘電体の存在を直接検出できます。

導電性インクと抵抗性インクMethode のスクリーン印刷サーメット、高分子厚膜 (PTF)、水性インクジェット用導電性インクは、広範な用途に固有のセンサー基板に使用されています。

生体認証およびマルチスペクトル画像処理確実で信頼性の高いユーザー認証方法である Methode の生体認証技術は、皮下にあるヒト組織の特性を測定します。

容量性Methode の非接触式容量性検出技術は、相対位相シフトを利用して固定子と反射電極間の変位を判断します。

渦電流非接触式のソリューションである渦電流技術では、磁石を使用せずに金属製の対象物の正確な位置を検出できます。

光学光学技術では、光センサー、レンズ系、コード ディスクを使用して、非接触式で高分解能な角度、位相、絶対位置測定を実行します。

電気機械電気機械検出技術では、線形接触および回転接触の離散的動作を検出します。

ホール効果ホール効果技術では、ホール効果または GMR 効果センサーを使用することで、移動している磁性対象物の非接触式の検出をお届けします。





フォローする

共有する

Copyright © Methode Electronics.