Hide

生体認証およびマルチスペクトル画像処理

Methode の生体認証技術は、すべてのユーザーでいつでも機能する、堅牢なアイデンティティ管理ツールです。競合する技術にはない信頼性を有する、完璧に正確な認証 を行います。このシステムは、Methode の生体認証技術パートナー、Lumidigm Inc. が開発した、実証されたマルチスペクトル画像処理技術に基づくものです。この技術を使用して、雨や雪、泥、汚れがあっても、精度を落とさずに認証を行えま す。

 


お客様にとってのメリット

  • ユーザーのいかなるニーズにも対応
  • 迅速かつ直感的な個人認証
  • パスワードの記憶や ID の携帯、紛失の心配が不要
  • 信頼性と安全性に優れた動作でユーザーの懸念を軽減

技術面でのメリット

  • 非常に堅牢、かつ高再現性を実現
  • 過酷な環境でも高性能を発揮
  • 抽出および照合システムを搭載した完全なソリューション
  • 既製またはカスタム設計から選択可能

動作原理

Methode の生体認証センサーは、マルチスペクトル画像処理により、他の指紋センサーや静脈センサーにくらべ、安定的に信頼性の高い方法で生体情報を収集、処理する特徴があります。

従来の指紋センサーは、接触による測定アプローチのため指紋の山がセンサー表面に接触しなければなりませんが、凹みは接触しません。何らかの要因で接触が妨げられる場合、性能が劣化してしまいます。実使用環境下ではセンサー表面の汚染や、指が湿っていたり、乾いていたり、汚れている場合がよくあります。また、指紋の山がはっきりしない、押しつける力が変動す る場合やこれらの要因が複合的に発生する場合があります。

マルチスペクトル画像処理は、単一の反射情報のたよるものではなく、入射角と波長の異なる光を照射し画像情報を読み取ります。

読み取られた複数の画像は、表面および表面下から質の高い指紋を再構成するために組み合わされるだけなく、センサー表面の汚れによるノイズなども除去します。

用途および性能

湿潤環境

従来の生体センサーは湿潤・高湿度環境下では、液体で指紋の溝が埋まったり、キャパシタンス変化など測定への物理的影響により正確なデータを取得できなくなるため、画像情報を取得できませんでした。

特徴

マルチスペクトル画像処理は、湿気を透過して検出を行い、センサーへの安定かつ一貫した接触圧力を必要としないため、湿潤・高湿度環境でも高性能を発揮します。

乾燥環境

従来の生体センサーは乾燥・低湿度環境下では、センサー読取面と安定した指の接触ができなくなるため、画像情報を取得できませんでした。

特徴

マルチスペクトル画像処理は、センサーへの安定かつ一貫した接触圧力を必要としないため、乾燥・低湿度環境でも高性能を発揮します。

汚染環境

従来の生体センサーでは、指やセンサー読み取り面が汚れていた場合、汚れが指紋の溝と隆線に入り込みんでしまうため、画像ノイズが発生したり詳細情報が読み取れなくなるために、画像情報を取得できませんでした。

特徴

マルチスペクトル画像処理は、複数の照明角を持つ光を皮膚構造に浸透させ、汚染物質の下にある皮膚構造を反射させることで画像からノイズを排除し詳細データを再構成するため、汚染した環境でも高性能を発揮します。

高齢者ユーザー

従来の生体センサーでは、コラーゲンが柔らかいなど指に加齢の影響が見られるユーザーの場合、指紋隆線と溝が圧迫され、その構造と表面が明確でないため、はっきりとした画像を取得できませんでした。

特徴

マルチスペクトル画像処理は、指の皮膚の下部組織を読み取って高画質の画像を生成するため、指紋隆線が不明確な高齢者ユーザーや、指の表面が摩耗したユーザーでも特定が可能です。

明るい光

従来の生体センサーでは、明るい光の下では指の下から光が入り込んで真っ白になってしまうため、画像を取得できませんでした。

特徴

マルチスペクトル画像処理は、光を指の表面周囲に当たるだけでなく、指を透過し画像化するため明るい光の下でも高性能を発揮します。

技術ライブラリ

お問い合わせ

連絡先一覧 >

南北アメリカ
カスタマー サービス、その他
南北アメリカ
販売およびエンジニアリング

ヨーロッパ
中国
日本
インド
アジア




Copyright © Methode Electronics.