Hide

導電性インクおよび抵抗性インク

Methode は、40 年以上にわたり、電子業界向けに、高分子厚膜 (PTF) インクを考案、製造しています。導電性および抵抗性インク開発の専門業者として、Methode はプリンテッド エレクトロニクス市場向けの革新的な水性インクジェット導電性インクと、印刷、組立式のセンサー アセンブリを開発しました。当社のアセンブリは、お客様の実際のレイアウトや回路基板の素材、導電性、耐久性のニーズに合わせカスタマイズが可能です。これらのセンサーは、燃料の量やスロットルの位置、プリンタ メディアの検知、RFID および患者の酸素の検出などに使用されており、当社の導電、抵抗設計の専門知識が組み込まれています。

 


お客様にとってのメリット

  • 新たな用途に適用可能
  • 高性能で保守も不要
  • ターゲットの位置を高精度で直接検出
  • 設計寿命を通じてシステムによる差異を補正
技術面でのメリット
  • 非接触式検知
  • SIL 2 認証
  • 動的な適応学習機能および自己診断
  • ビルトイン インテリジェンス
  • システムの安全性を強化
  • 内部故障を継続的に監視

技術基盤

高分子厚膜 (PTF) は、プリント基板 (PCB) の製造に使用される、現場で実証された素材および加工技術で、小さな機能や層に適しており、それぞれの表面に印刷して複数の機能を持たせることが可能です。PTF 技術は、コーミング PCB 製造技法など、複雑な方法で使用可能です。これにより、自動車部品の設計者は、製品の性能と信頼性を向上させ、品質水準を高め、部品コスト全般を引き下げることを可能とするリソースを手にすることができます。

当社の PTF インクは RoHS に準拠しており、印刷時に揮発性有機化合物 (VOC) がほとんど発生せず、使用時に特別な換気を行う必要がありません。当社の銀インクは抵抗値が低く、物理、電気特性が安定しており、広範な基板素材で使用可能で、電子回路を大幅に小型化し機能を高めることが可能です。PTF を使用し、Methode は、医療や自動車、産業用、軍事用を含む、広範な業界向けにサーメットおよびインクジェット印刷センサー アセンブリを設計、製造しています。

標準製品

9101 インクジェット伝導性銀インク

Methode の水性インクジェット処方設計は、ドロップオンデマンド型のプリントヘッドのすべての技術および様々なフレキシブル基板およびリジット基板に対応するように設計されています。インクには伝導性銀ナノ粒子が配合され、印刷後数分以内に最低で 200 mΩ/□ の電気抵抗を達成します。このインクは、多くの被覆基板上で二次養生や追加の加工処理を必要としません。この銀インクは、ポリエステル、合成高分子シート、被覆紙などのフレキシブル基板およびリジット基板へのインクジェット印刷に使用できます。行・文字間 100 ミクロンという優れた解像度のこのインクは、センサーやフレキシブル ディスプレイ、太陽電池アレイ、RFID、セキュリティ、照明を含むプリンテッド エレクトロニクス市場での使用に適しています。

3800 シリーズ抵抗性カーボン インクジェット インク

Methode の水性インクジェット処方設計は、ドロップオンデマンド型のプリントヘッドのすべての技術および様々なフレキシブル基板およびリジット基板に対応するように設計されています。インクには伝導性カーボン ナノ粒子が配合され、最低 2000 Ω/□ の電気抵抗を達成します。このインクジェット用インクは、ポリエステル、合成高分子シート、被覆紙、アクリルなどのフレキシブル基板およびリジット基板への印刷に使用できます。行・文字間 100 ミクロンという優れた解像度のこのインクは、センサー、セキュリティ パッケージング、照明、RF 遮蔽、おもちゃを含むプリンテッド エレクトロニクス市場での使用に適しています。

6105 高導電性スクリーン印刷可能銀インク

高導電性銀インクは、硬化要件が比較的低く、より高温の回路基板で 1 平方ミリ当たり 3 ミリオーム未満、ポリエステルやポリイミド、その他プラスチック、コート紙、FR-4 などのより低温の回路基板でも 1 平方ミリ当たり 5 ミリオーム未満となっています。このように硬化要件が低いことで、標準の対流式オーブンまたは IR オーブンで硬化または乾燥が可能となりました。

1210 銀導電性ビア プラグ材料

硬化収縮のない 100% 固体システムである 1210 銀導電性ビア プラグ材料は、コア ボードが完全に平面な場合に、ブラインド ビアまたはベリード ビア向け (スルーホールめっき処理あり/なし) の高密度ビア プラグを低コストで提供します。この材料を使用することで、PCB を再設計して、めっきスルーホールやランド パターンによって現在失われている部分を取り戻すことができます。

高分子厚膜およびサーメット センサー

当社の高分子厚膜 (PTF) およびサーメット センサー技術は、数多くの用途に互換性および適応性があり、信頼性も高く、コスト削減も実現できます。フレキシブル基板に印刷された PTF製品は、折り曲げる、ねじる、隅を折る、さまざまな表面に接着するなどが可能で、柔軟性が必要な用途に最適です。軽量、コンパクトで環境にもやさしい PTF 技術は、印刷電極や使い捨てバイオセンサーのコンポーネントに頻繁に活用されています。厳しい精度要件の克服、あるいは極端な温度や溶媒、高湿度などの過酷な環境での耐性が求められるソリューションの場合、サーメット合金を使用することで、製品の信頼性が向上するだけでなく、設計の省スペース化が図れます。

フレキシブル回路/センサー

動的環境向けに設計された当社のフレキシブル回路は軽量で薄型、設置も容易です。Methode では、フレキシブル回路/センサーのサイズ、回路基板材料、抵抗値、公差をお客様の個別要件に合わせてカスタマイズしています。フレキシブル回路は、多くの用途で「環境にやさしい」ソリューションを提供するため、エッチングではなく印刷されます。また、インクはポリエステル、ポリイミド、Kapton®、その他プラスチック、コート紙、FR-4 の回路基板に印刷が可能です。 

お問い合わせ

連絡先一覧 >

南北アメリカ
カスタマー サービス、その他
南北アメリカ
販売およびエンジニアリング

ヨーロッパ
中国
日本
インド
アジア




フォローする

共有する

Copyright © Methode Electronics.