Hide

ホール効果

ホール効果技術を使用すると、回転カウンターとして機能する二次ギア機構ならびに絶対低解像度角度センサーを使用して多回転角を測定できます。この技術は大半の位置センサー用途に応用可能です。また、自動車などの過酷な環境で動作するよう設計・検証されています。

 


お客様にとってのメリット

  • 高性能で保守も不要
  • 大半の位置センサー用途に適用可能
  • 自動車の過酷な環境で動作

技術面でのメリット

  • 角度エラー検出が可能
  • 多回転角測定を支援するため、あらゆる絶対位置センサーで採用可能
  • 位置と角度の測定が簡単に

技術基盤

ホール効果技術を使用してメイン シャフトと回転比率が異なるギアを使用した多回転角度センサーを実装すると、それぞれを 1 回転させて異なる位置が測定できます。ホール センサーでは、ギアに固定された磁石によりギアの位置を検出できます。マイクロ コントローラで検出される各ギアの位置、つまり検出回転数のホール センサー信号は異なるものとなります。ゼロ位置からの回転数または絶対角のいずれであるかはソフトウェアによって用途に応じて判断されます。

製品と性能

ホール効果位置センサー

お客様にとってのメリット

  • 経済的なソリューション
  • コア技術の供給元は広範にわたる
  • 新たな用途に応用可能な、成熟した技術
技術面でのメリット
  • 実証済みの成熟技術
  • 線形および個別の適用が可能
  • 高度に校正された磁石が不要

お問い合わせ

連絡先一覧 >

南北アメリカ
カスタマー サービス、その他
南北アメリカ
販売およびエンジニアリング

ヨーロッパ
中国
日本
インド
アジア




フォローする

共有する

Copyright © Methode Electronics.