Hide

光学

光学センサー技術では、内蔵ソフトウェアで多回転を実現し、光電装置で 360 度を超える絶対角を測定します。Methode では、シャフトの高速回転の増分を検出できる光学式エンコーダのコンセプトも使用しています。技術は、ステアバイワイア用途にも使用されます。

 


お客様にとってのメリット

  • 製品の設計寿命の間、保守なしで性能を維持
  • 大半のステアリング検出用途に応用可能な、柔軟なコンセプト

技術面でのメリット

  • 精度の高い角度測定が可能な、精密なセンサー
  • コード ディスク/シャフトを直接検出することで、ヒステリシスがゼロに
  • 角度エラー検出が可能
  • 角度エラーが少ない
  • ±0.5° の精度で、最高 1800rpm
  • LED 受信機/送信器アプローチ

技術基盤

光学センサーの中枢は、光電リーダーです。CMOS センサーは、行列ではなく単一列に制限されます。センサー列は、コード ディスクを通じ光に露出しており、開口部の大きさはさまざまで、独自のコードにより決定されます。参照表と比較する際、開口部の大きさで、360 度回転する間に角度を定義する値が決定されます。当社のアプリケーションでは、センサー ソフトウェアはエラーを非常に迅速に、高い信頼性で検出します。Methode の光学式エンコーダは、±0.5 度の精度で、最大速度 1800rpm のシャフト回転の増分を検出可能です。システムは、センサーと光学コンポーネントを含む固定式の筐体と、回転するシャフトに取り付けられたディスクから構成されます。Methode のシステムは、ディスクの軸方向の位置は検出せず、回転運動を検出するよう設計されています。

製品と性能

光学式ステアリング角センサー

お客様にとってのメリット

  • 新たな用途に適用可能な開発技術
  • 過酷な車両環境用に設計し検証済み
技術面でのメリット
  • 高精度の角度測定が可能なセンサー
  • 絶対角を始動時から認識

ステアリング角センサー

お客様にとってのメリット

  • 製品の設計寿命を通じて保守が不要な性能
  • 軸方向の高さ 20mm のコンパクトなセンサー (外径/内径は適用要件に準拠)
技術面でのメリット
  • 最大 1,800RPM、精度 ±0.5° (ヒステリシスなし)
  • システム公差に対する低感度: ディスク軸方向位置で最大±2mm
  • ステア バイ ワイヤの用途のいくつかに適用可能

技術ライブラリ

Steering Angle Sensor Data Sheet

[PDF 1.53 MB]

お問い合わせ

連絡先一覧 >

南北アメリカ
カスタマー サービス、その他
南北アメリカ
販売およびエンジニアリング

ヨーロッパ
中国
日本
インド
アジア




フォローする

共有する

Copyright © Methode Electronics.