Hide
試験

専門試験を通じた高品質で差別化を実現

Methode での試験は、自社製品への厳格な実施は言うに及ばず、業界標準の形成にも寄与しています。お客様の厳格な仕様と当社の仕様の両方を満たしていることを検証するための高度な診断機器や技法を活用した試験には、平均で 10 年以上の経験を有する業界の専門家があたります。

当社の試験原理Methode は、その卓越した試験能力によって、業界の要件を超える製品実績を構築してきました。

世界各地の試験所北米およびヨーロッパ、アジアにある試験所で、世界中の業務ならびに世界中のお客様をサポートしています。

認証Methode の試験所は ISO 17025、ISO 9001、DSCC、UL、ITAR、ISTA、CPCS、MDE を含む数多くの認証を取得しています。当社の取得認証をご参照ください。

サービスのハイライト

広範な試験能力

Methode では、広範な診断装置を使用して、部品や回路の機能の検証から、異なる化学物質の成分の分析にいたるまで、ほぼすべての用途で試験を実施できます。

カスタム試験装置

Methode はお客様のすべての要件に合わせた試験装置を設計および製造いたします。自動・手動試験装置から、組立ステーション、全生産ラインにいたるまで、幅広いソリューションを提供しています。

機能改善に向けた試験改善

Methode では、他社が行う限定的な試験を超えた予想製品寿命全体に対する試験が実施されます。さまざまな製品のインターフェイスに適応可能な特殊機器が使用されるこれらの試験では、製品の信頼性が判定されるとともに、製品機能の体系的な改善が図られます。

環境試験

Methode の試験では、温度、湿度、振動、高度、爆発性雰囲気を含む、製品が展開される可能性のあるほぼすべての環境でシミュレーションを行うことが可能です。

予防的な故障解析と根本原因解析

製造が開始される前の段階で、当社の一流の生物学者や科学者、エンジニア、物理学者が広範にわたる複雑な問題を診断し、解決します。

無鉛/RoHS 試験

鉛などの特定材料の使用に関する市場要件への適合を検証するため、Methode はヨーロッパ RoHS (特定有害物質使用制限) 指令に対する特定の内部試験を実施します。

高品質の最終製品に向けた材料評価

低コストのサプライヤを開拓する過程で、購入した材料に一貫性が欠如しているという事実を多くのメーカーが経験しています。Methode では、必要に応じて、特定の材料や物質が製品に使用される前にその成分を検証しています。

光学試験

Methode の光ファイバ試験装置は、通過する高速データの質を検証するだけでなく、ファイバ自体の物理特性も測定します。

プリント基板の電子機器試験

製造および購入されたプリント基板の品質を確認するため、Methode は最新の基準に準拠した IPC 認定の完全な試験室を有しています。

偽造コンポーネント評価

偽造コンポーネントの市場への大量の投入は、業界のサプライ チェーンと利益に直接的な打撃を与えています。Methode は、社内に偽造対策グループを設置し、すべてのコンポーネントが純正であることを検証すると同時に、主要な市場のすべてでトレーサビリティ要件に準拠しています。

サプライヤの適性評価および監視

Methode はそのサプライヤ適性評価プログラムを通じてベンダー部品が製造拠点に到着する前にその品質を検証することで、組立工程の遅延を大幅に低減しています。

UL 認証

試験には、UL94 (プラスチック材料の燃焼性)、UL746A-E (高分子材料の短期的および長期的特性評価)、UL796 (プリント配線板の試験)、UL796F (可とう性材料相互接続構造体の試験)、UL1694 (小型高分子コンポーネントの材料の燃焼性試験) などが含まれます。





フォローする

共有する

Copyright © Methode Electronics.